代表的プロジェクト

石巻市「尾崎地区」

石巻・尾崎地区は、北上川の河口近く、長面浦と太平洋の間にあり、牡蠣の養殖や刺し網漁をする漁師さんが住み、釣りのスポットとしても有名で、人気の民宿もありました。
震災により一帯は地盤沈下、長面浦の砂と津波で家屋は泥だらけになりました。船や網も流され、尾崎地区へのアクセスは仮設の道路1本のみ。その道路の両脇の土地は水没し、まだ半壊の家屋が残る所もあります。
電柱さえ立てば1日で通電の工事が終わる距離でありながら、この水没した一帯が盛り土をして整地され、道路が整備され、電柱が立つまでに3年はかかるだろう、あるいはもう一生電気は来ないとも言われています。
ここを離れる決心をした方もいる一方、仮設住宅に暮らしながら毎日自宅の片づけに通いそれでも再び漁師として暮らしていこうとしている方たちもいます。
つながりぬくもりプロジェクトでは、地区の入り口にかかる橋のたもとにソーラー街灯を設置。地区の各所にもソーラーパネルを設置して明かりを、また井戸のくみ上げポンプの電源として、漁に使う網を編んだり人々が集まる集会場への明かりとして、海に出た漁師が港に帰る目安の灯台替わりの明かりとして、太陽光発電を設置しています。
さらに、造船所への支援も予定しています。
刺し網漁などに使う小さい船を作る造船所はこの一帯で尾崎にしかなく、この造船所の再建が、この地域の漁業の復興にかかっているとも言えます。

関連した記事はこちら
2011.7.27 S様宅 〔石巻市尾崎〕
2011.8.26 N様宅 〔石巻市尾崎〕
2011.10.28 事務局現地取材報告~その1【尾崎地区編】
2011.11.20 石巻・尾崎 港の明かり
2012.5.4 三條造船