自然エネルギーを活用して、電気、お湯、お風呂を被災された方へお届けします。

2011年3月11日に発生した東日本大震災。未曾有の大被害を受け、数多くの方々が避難生活を余儀なくされています。この事態を受けて、「自然エネルギーを基盤とする持続可能な社会づくり」をめざして活動している複数の団体が中心となって、「つながり・ぬくもりプロジェクト」が2011年4月に発足しました。 被災地の状況が刻々と変わっていくなかで、私たちは「緊急支援フェーズ」「復旧支援フェーズ」「復興支援フェーズ」と3つの期間ごとに、本当に必要とされる活動をすすめてまいります。

プロジェクトについて


太陽光発電によるエネルギー支援太陽光発電によるエネルギー支援

被災地の方々と協力して、避難所や保育園、仮設住宅などに太陽光発電システムを設置します。35万円あると1KWの太陽光発電システム(バッテリーなしのタイプ)で、さまざまな家電製品を動かすことができます。もっと大きなものや、バッテリーを持ったもの、街灯等も可能です。(支援団体:自然エネルギー事業協同組合レクスタ)

太陽熱温水器によるエネルギー支援太陽熱温水器によるエネルギー支援

被災地ではお風呂もシャワーも使えない生活が今も続いています。避難所や福祉施設、仮設住宅などに太陽熱で温めたお湯(晴れていれば50~60度)を提供します。被災者の光熱費を軽減できます。 (支援団体:ぐるっ都地球温暖化対策地域協議会)

バイオマスによるエネルギー支援バイオマスによるエネルギー支援

津波で発生した被災材を被災者の方々が選別して薪にして、避難所に薪ボイラーによるお風呂サービスを提供しています。また今後は、被災地でのバイオマスボイラー、薪ストーブ、ペレットストーブなどの導入や支援を行っていきます。(支援団体:岩手・木質バイオマス研究会)

幹事団体

特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所ぐるっ都地球温暖化対策地域協議会自然エネルギー事業協同組合レクスタ公益財団法人WWFジャパン特定非営利活動法人バイオマス産業社会ネットワーク

協力団体

アースデイ東京タワーボランティアセンター、特定非営利活動法人R水素ネットワーク、岩手・木質バイオマス研究会、環境まちづくりNPOエコメッセ、特定非営利活動法人エコロジー夢企画、エナジーグリーン株式会社、特定非営利活動法人FoE Japan、認定特定非営利活動法人おかやまエネルギーの未来を考える会、一般社団法人グリーンピース・ジャパン、特定非営利活動法人コミュニティ・シンクタンクあうるず、社団法人ソーラーシステム振興協会、国際協力NGO ソーラーネット、日本ソーラーエネルギー教育協会、特定非営利活動法人日本の森バイオマスネットワーク、特定非営利活動法人ネットワーク『地球村』、株式会社Hibana、ふくしま薪ネット、特定非営利活動法人水・環境ネット東北、木質エネルギー産業ネットワーク有限責任事業組合、特定非営利活動法人岩手子ども環境研究所森と風のがっこう、三陸・宮城の海を放射能から守る仙台の会(わかめの会)(2011年10月18日現在)