お知らせ

シンポジウム「日本の森林をどう守り、利用するか」(イベント案内)

 2012年から始まった再生可能エネルギー電力固定価格買取制度(FIT)開始後、80件120万kWの木質バイオマス発電事業が認定されていますが、これは年間約2400万m3の木材が必要となるという計算になります。膨大な新たな木質資源の需要を、持続可能なかたちで対応していく必要があります。
 一方、地域の持続可能な森林資源利用に向けて、地域住民や利害関係者(ステークホルダー)が参加して利用計画や構想をつくり、伐採のガイドラインやゾーニングづくりなどに取り組んでいる自治体もあります。

<プログラム>
・「日本の森林利用の現状」 伊藤幸男氏(岩手大学農学部准教授)
・「発電用バイオマス需要の発生による素材生産への影響~大分県日田地域を中心に~」 佐藤宣子氏(九州大学大学院農学研究院教授)
・「郡上市の森林管理・利用の取り組み(仮題)」 栗山淳氏(岐阜県郡上市農林水産部林務課課長)
・パネルディスカッション 「日本の森林をどう守り、利用するか」
  伊藤幸男氏、佐藤宣子氏、栗山淳氏、大林ミカ氏(自然エネルギー財団事業局長)
  司会:泊みゆき(バイオマス産業社会ネットワーク理事長)

○主催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
○日時:2015年7月3日(金)13:30~17:00
○場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟311
   (東京都渋谷区代々木神園町3-1 参宮橋駅下車 徒歩約7分 http://nyc.niye.go.jp/train/)
○参加費:BIN会員 1000円、一般 1500円
 参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。
 http://www.npobin.net/apply/

※このシンポジウムはドコモ市民活動助成をいただいて開催されます。

【お問い合わせ】
NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
〒277-0945千葉県柏市しいの木台3-15-12
Tel:047-389-1552 Fax:047-389-1552
E-mail:mail★npobin.net (★→@)
http://www.npobin.net/

2015年05月29日 15時05分 | この記事へのリンク

「ドイツの農山村バイオマス利用の状況」(イベント案内)

バイオマス産業社会ネットワーク第149回研究会のご案内です。

 農山村には、畜糞尿やバーク材、作物残さなど有機廃棄物が多く存在しますが、日本でのエネルギー利用はまだまだ進んでいないのが現状です。一方、ドイツではメタン発酵、炭化などによる資源循環と地域内での熱電利用が進んでおり、農山村の経済力と過疎化対策に貢献しています。
 第149回研究会では、欧州と日本の農村バイオマス燃料化事業を行っている、(株)レンエネルギー・クロスボーダー代表取締役のティーロ・シュミットセール氏に、ドイツにおける農山村バイオマス利用の状況について、更に日本での展望に関して伺います。農山村バイオマスの経済的に持続可能な利用について、参加者の皆様とともにディスカッションできれば、大変、幸いです。

テーマ:「ドイツの農山村バイオマス利用の状況」
講演者:ティーロ・シュミットセール氏((株)レンエネルギー・クロスボーダー代表取締役)
 *逐語通訳がつきます。

○日時:2015年6月20日(土)14:00~16:00
○会場:地球環境パートナーシッププラザ
   (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F 地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分)
○参加費:BIN会員 無料、一般 1,000円

※参加をご希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/

【お問い合わせ】
NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
〒277-0945千葉県柏市しいの木台3-15-12
Tel:047-389-1552 Fax:047-389-1552
E-mail:mail★npobin.net (★→@)
http://www.npobin.net/

2015年05月29日 14時05分 | この記事へのリンク

赤碕町および住田町の街灯修理

大船渡市赤碕町漁村センターの慰霊碑街灯 および住田町満蔵寺仮設通路街灯の修理依頼があり、
2015年3月30日と4月1日にそれぞれ修理が完了しました。

gyoson 

大船渡市赤碕町漁村センターの慰霊碑街灯

 

sumita2 sumita1

住田町満蔵寺仮設通路の街灯

2015年05月20日 17時05分 | この記事へのリンク

バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第146回研究会(イベント情報)

最新の薪ストーブの熱効率は80%程度であるように、木質バイオマスは、熱利用だと小規模でも高い効率で利用が可能です。薪ストーブ、ペレットストーブはすでに実用化された技術となり、日本でも普及が進んでいます。
第146回研究会では、木質バイオマスの家庭向け熱利用の利用の現状と今後の見通しについて、日本暖炉ストーブ協会理事の川上孝司氏に伺います。

テーマ:「日本における暖炉・ペレットストーブ・薪ストーブ利用の現状と今後の見通し(仮題)」
講演者:川上孝司 氏(一般社団法人日本暖炉ストーブ協会理事)

○主催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
○日時:2015年3月13日(金)18:30~20:30
○会場:地球環境パートナーシッププラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F)
  *地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分 http://www.geoc.jp/access
○参加費:BIN会員 無料/一般 1,000円
○申込:http://www.npobin.net/apply/

【お問い合わせ】
NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
〒277-0945千葉県柏市しいの木台3-15-12
Tel:047-389-1552  Fax:047-389-1552
E-mail:mail★npobin.net (★を@に変えてください)

2015年02月27日 13時02分 | この記事へのリンク

くらしのエネルギー塾 「太陽熱の未来へpart2」(イベント情報)

再生可能エネルギーシフトの現状を自らの足でリポートし続ける第一人者、高橋真樹さんの講演会を開催します。
NPO法人エコロジー夢企画と、ぐるっ都地球温暖化対策地域協議会での太陽熱活動も被災地支援のころから取材しルポして下さっています。

講演:「ご当地電力始めました」
 高橋真樹 氏(ノンフィクションルポライター)

○主催:NPO法人エコロジー夢企画
 協力:ぐるっ都地球温暖化対策地域協議会
○日時:2015年3月8日(日)14:00~16:00
○会場:足立区こども支援センターげんき 第一研修室(東京都足立区梅島3丁目28-8)
○参加費:無料
○申込:件名「太陽熱の未来参加」として、住所・氏名・所属・電話番号を記して下記までメール又はFAXでお申込み下さい。当日参加もできます。

【お申し込み・お問い合わせ】
NPO法人エコロジー夢企画
〒120-0035足立区千住中居町20-7 スズキビル201
E-mail:info★ecoyume.net (★を@に変えてください)
FAX:03-3886-6554

2015年02月27日 12時02分 | この記事へのリンク

バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第145回研究会(イベント情報)

2014年9月、九州電力、東北電力など5つの電力会社は、
再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)へ太陽光発電の膨大な申し込みが集中したことから、
新たな受け入れを留保しました。
これを受けて、FIT制度の運用見直しの具体的な方向性が出されました。
さらに来年度に向けた調達価格の見通し、エネルギーミックスに関連する
再生可能エネルギー目標値の議論などもあります。
電力システム改革も、来年度からの広域的運営推進機関の運用開始、2016年度からの電力小売り全面自由化、
その後の発送電分離と具体的な検討が始まっています。

バイオマス発電については、燃料調達や熱利用などの課題を抱えながら全国的に多くの計画が進んでいますが、
今後、電力系統への優先接続、規模別や熱利用などのFIT制度の見直しについて議論が必要です。

第145回研究会テーマ:「FIT制度の見直し・電力システム改革とバイオマス発電の今後」
講演者:松原弘直氏(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所主席研究員)

日時:2015年2月3日(火)18:30~20:30
会場:地球環境パートナーシッププラザ (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F) 
   ※地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分 
    http://www.geoc.jp/access 
参加費:BIN会員 無料、一般 1,000円 


※参加をご希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/
※サーバーの不調等で送信できない場合は、
お手数ですがお名前(ふりがな)、ご所属、電話番号、E-mailアドレスをご記入いただき、
下記E-mailまでお送りいただくか、FAXもしくはお電話にてお申し込みください。


【お問い合わせ】
NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
〒277-0945千葉県柏市しいの木台3-15-12
Tel:047-389-1552 Fax:047-389-1552 
E-mail:mail★npobin.net(★を@に変えてください)
http://www.npobin.net

2015年01月19日 15時01分 | この記事へのリンク

バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第144回研究会のご案内

バイオマス産業社会ネットワークさまより、第144回研究会のご案内を
いただきましたので、情報提供いたします。


<バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)第144回研究会のご案内>

日  時:2015年1月29日(木)18:30~20:30 
テーマ:「バイオマス発電等で使用されるアブラヤシ核殻(PKS)の最新動向
(仮題)」 
講演者:滝沢 渉氏(On-site Report代表・編集長) 
会  場:地球環境パートナーシッププラザ 
    (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F) 
    地下鉄表参道駅より徒歩5分・JR他渋谷駅より徒歩10分 
    http://www.geoc.jp/access 
参加費:BIN会員 無料、一般 1,000円 


※マレーシア、インドネシアなどで栽培されているアブラヤシ(オイルパーム) 
は、食用・工業用に最も多く生産されている油脂作物です。 

※油を採る際に出るヤシ核殻(Palm Kernel Shell、PKS)は、世界的に見ても大き
なポテンシャルのあるバイオマス資源であり、このPKSは、国際的に取引される
商品でもあります。 

※日本で100カ所近くで計画されている木質バイオマス発電においても、100% 
PKSを使用する事業や、一部に混焼する計画が多数あります。 

※このPKS等の生産、調達、輸入などの動向について、バイオマス専門誌On-site 
Reportで取材を続けている滝沢 渉氏に伺います。 

※当日は、多数の参加者とともに、輸入バイオマスの利用等について、ディスカッ 
ションできれば幸いです。 

※参加をご希望される方は、下記よりお申し込みください。
http://www.npobin.net/apply/
※サーバーの不調等で送信できない場合は、お手数ですがお名前、お名前ふりが
な、ご所属、電話番号、E-mailアドレスをご記入いただき、E-mail:
mail@npobinn.net までお送りいただくか、faxもしくはお電話にてお申し込
みください。

2014年12月16日 16時12分 | この記事へのリンク

大槌たすけあいセンター、大槌みらい工房へストーブ設置

2014年に竣工した大槌たすけあいセンターと大槌みらい工房へのペレットストーブの設置が
2014年11月に完了いたしましたのでご報告します。

大槌たすけあいセンターと大槌みらい工房は、遠野まごころネットが運営するコミュニティ施設で、
地元の方々が気軽に集い、また、働くことのできる場としても活用されています。

今回設置されたペレットストーブは、
岩手・木質バイオマス研究会の2008年~2010年度木質バイオマス活用に関する事業で、
東日本高速道路折爪サービスエリアに設置した岩手県内製ペレットストーブを再利用したものです。

利用者の皆様からは好評で「使い勝手がいい。」「火が見えるので心まで暖まる。」などの声をいただいております。
大槌町には県内企業の生産したペレットストーブを設置している公共の場はまだ少なく、
木質バイオマスのぬくもりや再生可能エネルギーを体感し、学習できる施設となることが期待されます。

この事業は、YAHOO募金(東日本大震災つながり・ぬくもりプロジェクトによりファンドレイズ)により実現しました。
募金くださいました皆様へ、心より感謝申し上げます。

 

大槌たすけあいセンター

 

 

大槌みらい工房

 

 

2014年12月16日 15時12分 | この記事へのリンク

苺づくり入門と身近な再生可能エネルギー講座⑦(最終回)

つながり・ぬくもりプロジェクトにより太陽熱温水器を寄付させていただいた

山元いちご農園で「苺づくり入門と身近な再生可能エネルギー講座⑥」を開催します。

環境に配慮した経営をしているいちご農園で、苺つくり体験をしながら地球の環境について

考えてみるイベントの6回目です。

一年間参加すると苺づくりのノウハウと再生可能エネルギーの基礎を学ぶことができます。

今回は太陽光発電の仕組みについて考えてみたいと思います。

苺づくり入門:自分で収穫した苺でクリスマスケーキを作ろう!

再生可能エネルギー講座:バイオマスエネルギーについて

 

日時:2014年12月23日(火・祝)9時~15時(現地集合)

場所:山元いちご農園(宮城県亘理郡山元町山下字稲実60)

受講料:1,900円/大人1名(中学生以上)

      1,500円/子供1名(小学生)

      (講義・資料・昼食・ケーキ作り実習1個分込) 要予約先着16名

       ただし、ケーキ作り実習追加分は1個につき300円追加します。   

申込み:水・環境ネット東北

      電話:022-723-1390 ファックス:022-723-1391

      eメール:tsunagari-nukumori@mizunet.org

      参加者の氏名・連絡先(電話、ファックス、eメールなど)・住所・年齢をお書き添えの上、ご連絡ください。

 

2014年12月01日 17時12分 | この記事へのリンク

苺づくり入門と身近な再生可能エネルギー講座⑥

つながり・ぬくもりプロジェクトにより太陽熱温水器を寄付させていただいた

山元いちご農園で「苺づくり入門と身近な再生可能エネルギー講座⑥」を開催します。

環境に配慮した経営をしているいちご農園で、苺つくり体験をしながら地球の環境について

考えてみるイベントの6回目です。

一年間参加すると苺づくりのノウハウと再生可能エネルギーの基礎を学ぶことができます。

今回は太陽光発電の仕組みについて考えてみたいと思います。

苺づくり入門:収穫に向けてラストスパート

再生可能エネルギー講座:FIT制度について

 

日時:2014年11月29日(土)9時~15時(現地集合)

場所:山元いちご農園(宮城県亘理郡山元町山下字稲実60)

受講料:1,900円/大人1名(中学生以上)

      1,500円/子供1名(小学生)

      (講義・資料・昼食込) 要予約

2014年10月29日 11時10分 | この記事へのリンク

◉これまでのご寄付◉

総額:98,850,287円
設置済み件数 239件
設置済みリストはこちら
(2017年2月まで)

◉支援◉

2015年度の支援内容は
こちら
(2016年4月まで)

旧ホームページを見る

東日本大震災 つながり・ぬくもりプロジェクト