パートナー

高嶋

たかしま

(所属) ソーラーワールド株式会社

プロフィール

皆さん、こんにちは。はじめまして、ソーラーワールドの高嶋と申します。 私自身、自然環境というものに関わったのは平成4年、太陽熱温器の設置工事からでした。あっという間に19年間が過ぎ、数年間は自営で温水器の修理などを個人で行なっておりましたが、震災後の4月1日からソーラーワールドでお世話になるようになりました。

震災当日、私はソーラーワールドへ車で向かっている途中でした。突然、携帯電話の地震速報が鳴り響き、車の中での大きな揺れと時間。以前、私は中越・中越沖地震を経験しており、その体験から今回の地震は震度5強だなと思いました。急いでラジオをつけると揺れから2,30分で津波の一報。携帯のTVを見てみると、『うそ!!!』という言葉しか出てきませんでした。

この震災がきっかけで、レクスタの会員であるソーラーワールドに入社し、つなぬくのプロジェクトに関わった次第です。

7月の中旬頃、震災した学校に温水器の設置にお伺いした際、工事をしている私の所へ小学生の男の子が寄ってきました。私の目をじーっと見ながら『あのね、みんな流されていったの』とその男の子は言いました。
その事を言われた瞬間、私は男の子にどういう言葉をかけてあげればいいのか分からず、思わず言葉を濁してしまいました。
男の子に言葉をかけてあげれなかった自分が情けなく、恥ずかしい気持ちでした。
大人でも生きるという事について大変なのに、まだ小さい子供たちが大きな地震・津波を経験し被災したと思うと、とても悲しくなります。TV映像よりも、言葉というのはいつまでも自分に問いかけてくるものだと思い、少しでも被災された方たちや、子供たちの笑顔が見られるよう、復興の一助ではありますが私の出来ることを精一杯行なっていきたいと思います。

◉これまでのご寄付◉

総額:98,850,287円
設置済み件数 239件
設置済みリストはこちら
(2017年2月まで)

◉支援◉

2015年度の支援内容は
こちら
(2016年4月まで)

旧ホームページを見る

東日本大震災 つながり・ぬくもりプロジェクト